「マー君効果」は絶大? 経済効果57億円の試算

有料会員記事

室田賢
[PR]

 「マー君効果」は57億円? 関西大の宮本勝浩名誉教授(経済学)が17日、田中将大投手(32)が大リーグからプロ野球楽天に8年ぶりに復帰したことで、球団とその本拠がある宮城県に年間約57億1700万円の経済効果をもたらすという試算を発表した。

 田中の復帰で球場に足を運ぶファンが20%増えると想定。年間で35万人以上の観客増につながるという。観戦に伴うグッズ販売や飲食代、さらに放映権収入やスポンサー収入などを合わせて、約34億6200万円の経済効果があるとした。こうした直接的な経済効果のほか、宮城県に波及する経済効果を過去の県の分析と照らし合わせて約22億5500万円と試算。総額で約57億1700万円に上るとした。

 新型コロナウイルスの影響で観客が収容人数の半分に抑えられた場合でも、39億円を超えるとみている。

 田中は2013年に24連勝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら