橋本五輪相「ちょっと分からない」 要請「連絡はない」

[PR]

 女性蔑視発言で辞任を表明した東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の後任選びをめぐり、検討委員会が橋本聖子五輪相(56)での一本化の方向で最終調整に入ったことについて、橋本氏は17日夕、国会内で記者団に「ちょっと分からないです」と語った。要請があれば引き受けるのか問われたが、「何もないので」と述べるにとどめた。

 検討委は17日午前に開かれ、後任選びを話し合った。一方、橋本氏はこの日、午前9時から午後5時ごろまで、衆院予算委員会に出席していた。審議終了を待ち構えていた記者団に対し、「ずっと予算委員会に出ていたから、当然、連絡はないです」と淡々と語った。

 仮に橋本氏が会長に就くことになれば、「兼職」を禁じる大臣規範に従い、五輪相を退くことになる。