[PR]

 ホンダは、八郷隆弘社長(61)が退任し、後任に三部(みべ)敏宏専務(59)を昇格させる方針を固めた。トップ交代は6年ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われた今年度も、ホンダは純利益が前年度を上回る見込み。八郷社長は拡大路線の修正を進め、それに一定のめどが付いたことから、次期社長の「本命」とされていた三部氏に交代する。

 週内にも開かれる取締役会で、来年度の人事案を固める。

 三部氏は1987年入社。自動車のパワートレイン(駆動装置)開発が長く、2019年4月にホンダの子会社の本田技術研究所の社長に就いた。ホンダ社長への「登竜門」とされる研究開発部門トップへの就任で、以前から次期社長候補の筆頭と目されてきた。

 八郷社長は15年の就任後、四…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら