橋本聖子氏「申し上げられない」 新会長候補に一本化

有料会員記事

[PR]

 女性蔑視発言で辞任を表明した東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の後任候補を選ぶ検討委員会が、五輪相の橋本聖子氏(56)で一本化する方向で最終調整していることが分かった。検討委は17日、東京都内で第2回会議を非公開で開催した。検討委は18日に第3回会議を開く。組織委の理事会もこの日開催され、新会長が決まる見込み。

 橋本氏は17日夜、記者団に「検討委で手続きが進められているので、人事に関わることなのでそれ以上、申し上げることはない」と話した。「要請や打診はあるんでしょうか?」との質問に「それも含めて、申し上げられない」と述べ、「打診があれば受けるか?」との質問には「(回答を)控える」とした。

 組織委は17日、「(検討委で)具体的な候補者の検討が行われた。内容は具体的な候補者の人選に関わるため、新会長決定後に選考プロセスなど改めて説明する」などとする声明を出した。検討委の役割は組織委に候補を推薦することで、組織委の会長は理事会の互選で決まる。

 橋本氏はスピードスケートで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]