[PR]

 英国政府は17日、新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの開発に役立てるため、健康な若者を意図的に感染させる臨床研究(治験)が、倫理審査を通過したと発表した。治験は1カ月以内に始まる見通しで、参加者を募っている。

 治験は「ヒトチャレンジ」と呼ばれる。英国政府が3360万ポンド(約49億円)を出資し、インペリアル・カレッジ・ロンドン、国民保健サービス(NHS)、治験専門企業などが連携して実施する。これまで感染していない18~30歳の健康な若者最大90人が参加。少量のウイルスを鼻に入れ、感染が起きるのに必要なウイルスの量や免疫の働きなどを調べる。

 参加者はNHSの病院内に用意された個室で14日間隔離され、医療チームが24時間態勢で監視する。終了後も定期的に経過観察が求められ、報酬は4500ポンド(約66万円)程度という。

 今回の倫理審査を通ったのはここまでだが、次のステップとして、少数の参加者にワクチンや治療薬を投与し、ウイルスにさらして効果を調べる治験も予定している。

 英国では、秋までに全成人にワ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら