[PR]

 米ニューヨーク州が、新型コロナウイルスで亡くなった高齢者施設の入所者数を、故意に少なく公表していた疑いが出ている。同州のクオモ知事は昨春、施設側に「感染者の入所を拒んではいけない」と指導しており、この指導がかえって死者数の増加につながったという非難を免れようとしたのではないか、という指摘も出ている。クオモ氏は15日の会見で公表に「遅れがあった」と非を認める一方、隠蔽(いんぺい)は否定した。

 問題になっているのは、新型コロナの死者のうち、高齢者施設や介護施設の入所者。1月終わりごろまでは、約8500人となっていたが、州司法長官が同月末に公開した調査報告書では、「病院などで亡くなった人たちがカウントされていない」と指摘した。これを受け、州もデータを更新し、死者数は2倍近い、1万5千人以上となった。

 約4万5千人に上る、同州内の死者数の総計に影響はなかったが、州は新型コロナの感染が拡大した昨年3~5月に病床確保のため、「施設はコロナ患者の入所を拒めない」とする行政文書を出し、感染拡大につながったとも言われている。このため、施設外で亡くなった人を意図的に数えていなかった可能性があると地元メディアなどが批判。さらに、クオモ氏の側近の秘書が州議員との電話協議で、公表をわざと遅らせたと受け取れる説明をしていたことが、地元紙の報道で明らかになった。

 クオモ氏は15日の会見で「全…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら