「信号機の見えにくさ」が一因と指摘 京急事故調査報告

有料会員記事

贄川俊
[PR]

 横浜市の京急本線神奈川新町駅で2019年9月、快特列車とトラックが衝突し、列車が脱線した事故について、国の運輸安全委員会が18日、調査報告書を公表した。踏切の異常を知らせる信号機が柱に遮られて運転士から見えにくくなっており、ブレーキが遅れて事故が起きた可能性が考えられると指摘した。

 この事故では、時速120キロで走っていた列車のブレーキが間に合わず、踏切にいたトラックを67メートル引きずって脱線しながら停止。トラックの運転手が死亡し、乗客や運転士ら77人がけがをした。

 報告書によると、運転士がブレーキをかけたのは、踏切まで422メートルの地点だった。はじめは制動力の弱い通常ブレーキを使い、時速101キロまで落ちた244メートルの地点ではじめて非常ブレーキに切り替えたが、間にあわなかった。トラックに突っ込んだ時は時速62キロだった。運輸安全委の調査では、運転士がどの地点で異常を知らせる信号機の点滅を確認できたかはわからなかったが、少なくとも踏切から567メートルの距離に近づいた地点で点滅の確認が可能だったとした。理論上は、そこで点滅を確認し、踏切から477メートルの距離に近づく1・8秒以内の間に非常ブレーキをかければ、踏切の手前で止まることができたという。

 だが、踏切から567メートル地点のすぐ先は、柱に遮られて信号機が見えにくくなっていた。このため運輸安全委は、見えにくさのせいで運転士の反応が遅れた可能性があることを指摘。信号機の設置位置が踏切に近かったことと合わせて、運転士のブレーキが遅れた要因として挙げた。

 運輸安全委の調査官は、踏切の手前で止まることは可能だったとしながらも「あまりにも条件が厳しいといえる」と指摘した。

 また、京急が信号機が点滅し…

この記事は有料会員記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。