福岡・大分に大雪警報、各地で積雪 新幹線は徐行運転

[PR]

 九州北部・山口は18日、冬型の気圧配置となって上空に強い寒気が流れ込み、各地で雪が降った。気象庁福岡県筑豊地方大分県国東市大雪警報を発令し、注意を呼びかけている。午後には次第に冬型の気圧配置が緩み、雪も徐々にやむ見込みだ。

 福岡管区気象台によると、18日午前9時現在の積雪山口市阿東徳佐で12センチ、福岡県飯塚市で11センチ。19日正午までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、山地は山口、福岡で8センチ、佐賀、長崎、大分、熊本で5センチ。平地は福岡、大分で5センチ、山口、佐賀、長崎、熊本で3センチとなっている。

 西日本高速道路によると、九州道や大分道、長崎道などの一部区間で通行止めが続いた。福岡と九州各地を結ぶ高速バスは多くが運休。山陽新幹線は博多―広島間で始発から徐行運転となり、遅れが出ている。