FB、豪で主要メディアの利用制限 使用料義務化に反発

メルボルン=小暮哲夫
[PR]

 米フェイスブック(FB)は17日、オーストラリア国内で、豪メディアや海外主要メディアのニュースのFB上での利用を制限すると発表した。豪州国外での豪メディアのニュースの利用も制限する。豪議会で審議が進む、大手IT企業にニュース使用料の支払いを義務化する法案に反発した措置だ。

 FBの措置で、豪州では18日朝から、地元の新聞やテレビなどの主要メディアのほか、CNNやBBCなど大手海外メディアのFBのページが見られない。また、これらのメディアのホームページで報じられたニュースを、FB上でシェアすることもできない。

 また、豪州の国外では、豪メディアのニュースをFB上で見たり、シェアしたりできなくなっている。

 豪政府は昨年4月、グーグルやFBなどの大手IT企業に対し、豪メディアのニュースを表示した際に使用料の支払いを義務づける方針を発表。豪議会で現在、政府提案の法案の審議が大詰めを迎えている。法案では、IT企業に豪メディア各社との個別の使用料支払い契約を義務づけ、違反した場合、1千万豪ドル(約8億円)以上の罰金を科す内容になっている。

 FB豪州ニュージーランドのウィリアム・イーストン社長は発表で「メディア側は、FBに進んでニュースを投稿している。そのことで彼らの利用者や広告収入が増えている」と、FBに使用料支払いを義務づける法案を受け入れられない立場を説明している。昨年、豪メディアのニュースはFB上で51億回、参照されたともしている。

 法案を担当する豪州のフライデンバーグ財務相は18日、FBのマーク・ザッカーバーグ最高経営者とこの件で話し、「解決の道を探る対話を続けることで合意した」とツイッターに投稿した。今後、FBが納得できる形で法案が修正される可能性もある。

 一方、グーグルは法案成立を前に豪メディア各社と契約交渉を進めており、これまでに大手新聞社ニューズコープなどとの契約がまとまったと報じられた。(メルボルン=小暮哲夫)