禁煙、節酒、運動… 国立施設、健康寿命延ばす提言公表

有料会員記事

編集委員・辻外記子
[PR]

 「たばこは吸わない」「節酒する」「活発な身体活動を」。健康で長生きするための提言を、国立がん研究センター国立循環器病研究センターなど六つの施設がまとめ、19日に公表した。様々な病気にまたがっての予防への提言は国内で初という。

拡大する写真・図版健康寿命延伸のための提言を発表する国立がん研究センターの津金昌一郎さん(中央)ら=東京都中央区

 高度専門医療を担う6国立施設が連携して、住民の健康状態の追跡調査や国内外の研究・論文をもとに、健康寿命を延ばす科学的根拠が十分と判断した10項目を厳選して示した。健康によいとされる情報は多くあるが、不確かなものも多い。まずこの提言から始めてほしいと研究者は言う。

 喫煙はがんや高血圧、うつ病、認知症のリスクを高める。他人の煙を吸う受動喫煙も、がんや呼吸器の病気のリスクを高める。

 酒を飲むなら節度を心がける。適正量は1日あたり男性は日本酒なら1合(アルコール量23グラム)、女性はその半分までとする。また、飲まない休肝日をもうけることを推奨する。

 食事は多すぎず少なすぎず…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら