「経済持ち直しを説明」 黒田・日銀総裁が菅首相と会談

[PR]

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が18日、首相官邸で菅義偉首相と会談し、終了後に記者団に対して「世界経済の動向について、持ち直しつつある状況をお話しした」と説明した。定例的な会合だったという。

 黒田氏によると、日本経済の現状について、輸出や鉱工業生産などが回復し、設備投資が底堅いことなどを伝えたという。株式市場の動向に関しても一般的な説明をしたという。

 日銀が3月をめどに結果を公表予定の政策点検については「金融緩和を相当長く続ける必要があることから、政策の効果をより発揮し、持続できるようにとの観点から点検をする」などと伝えたといい、菅首相から特にコメントはなかったと記者団へ説明した。