中満泉さんが見た森発言 「いちばん悲しかったのは…」

有料会員記事

聞き手・岡林佐和
[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の会長だった森喜朗元首相による女性蔑視発言を受け、各界のリーダーら42人が、差別のない社会づくりに向けて共同で行動宣言を出しました。呼びかけ人の一人、中満泉・国連事務次長が朝日新聞の取材に応じ、「日本における性差別は、根深い問題」などと指摘しました。どのような思いから、今回の共同宣言に至ったのでしょうか。

 ――森元首相の発言をどう聞きましたか。

 「いちばん悲しかったのは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]