[PR]

 森ビルは18日、東京都港区の虎ノ門・麻布台の再開発地区に、最高級ホテル「アマン」の新ブランド「ジャヌ東京」ができると発表した。東京が世界で3カ所目となるホテルブランドを誘致することで、再開発地区の魅力をアピールしたい考えだ。

 開業は2023年の予定だ。ブランド名の「ジャヌ」は、サンスクリット語で「魂」という意味があるという。

 ホテルは再開発地区に建てる約240メートルのビルの低層部(1~13階)に入り、客室は約120室。標準客室面積は約60平方メートルと広く、高級感を前面に出す。価格帯は未定だ。ホテルには約3500平方メートルのスパの設備もつくる。

 再開発地区には、約330メートルと国内で最も高いビルも建てる。このビルの上層部(54~64階)には、アマンブランドの住宅も入る。

 森ビルの辻慎吾社長は「これまで東京にはなかったような世界トップレベルの住環境とホテルを創出し、都市における新しいウェルネスを実現する」としている。(南日慶子)