【動画】出かける人を送り出すときに大阪や京都で使われてきたことば「おはようおかえり」=田中章博撮影
[PR]

「まだまだ 勝手に関西遺産」

 何事もなく早く帰って来られますように――。出かける人にかける大阪や京都のことば。じんわり思いが伝わります。

 久々の大阪暮らしを始めた数年前のある朝、出かけようとした記者は、妻にこう送り出された。

 「おはようおかえり」

 え、何それ? 職業柄、訪ねた先で「早く帰れ」と追い払われた苦い記憶がよみがえった。それを上品に言い回した感じ? そんなわけはない。「おはよう」と「おかえり」をくっつけたようなこのことば。大阪育ちでも、九州出身の両親に育てられた記者にはなじみがなかった。

 辞典や本をひもといた。「おはようおかえり」は「行ってらっしゃい」「行って来ます」のやりとりに続き、もうひと言添えて出かける人を送り出す大阪・船場や京都のことばなのだという。「仕事が無事に終わって、早く帰れますように」。船場の商家では商談にのぞむ旦那や用事ででっちが出かける際、そんな願いを込めたそうだ。

後半では、長くこのことばを使ってきた人の思いや、言語学者の視点を取り上げます。漫画家のグレゴリ青山さんは、聞かなくなった京ことばをイラストで紹介します。

 由来を知り、何だかうれしさが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら