コロナワクチン6回接種OKの注射器 ニプロ、大幅増産

新型コロナウイルス

井東礁
[PR]

 医療機器大手のニプロは18日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを、1瓶で6回接種できる特殊な注射器を大幅に増産すると明らかにした。国内に出回る通常の注射器だと5回分しかとれないため、貴重なワクチンを有効活用する手段として、政府から増産を要請されていた。

 増産するのは「ローデッドタイプ」と呼ばれる注射器。液剤を押し出す先端部分が突起状になっているため、薬剤が注射器の中に残らず、最後まで使い切れる。4~5カ月かけてタイの工場の設備を増強し、製造能力を現在の月50万本から、数百万本に引き上げる。増産分は9~10月ごろに国内に届く見通し。ニプロは1月下旬に厚生労働省から増産の要請を受け、対応を検討していた。

 政府はファイザーから年内に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受ける契約を結んでいる。(井東礁)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]