[PR]

 弟(48)に暴力を振るい、けがを負わせたとして、大阪府警が、大阪維新の会の岡沢龍一府議(53)を傷害容疑で書類送検していたことが捜査関係者への取材でわかった。府警は地検に対し、起訴を求める「厳重処分」の意見をつけたという。

 捜査関係者によると、送検は15日付。容疑は2018年11月13日、父親で元府議会議長の岡沢健二氏(昨年1月に死去)の同府枚方市内の自宅で、弟に陶器製の灰皿を投げつけ、殴るなどの暴行を加え、顔や頭に約10日のけがを負わせたなどというもの。当時、岡沢府議は枚方市議だった。岡沢府議は代理人弁護士を通し「捜査中で質問には答えられない」としている。

 弟が昨年9月、岡沢府議を傷害容疑で告訴し、暴行を受けたとする状況の録音データを府警に提出していた。弟によると、家業の不動産会社が管理していたマンションを兄弟のどちらが引き継ぐかを話し合っていた際に意見が対立。激高した岡沢府議に殴られたという。被害届の提出を父の健二氏に止められていたが、死去を受け、告訴したとしている。