馬毛島、アセス手続き開始 防衛省、米軍訓練移転めぐり

有料会員記事

寺本大蔵 奥村智司、小瀬康太郎
[PR]

 防衛省は18日、馬毛(まげ)島鹿児島県西之表市)への米空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転と自衛隊基地設置の計画をめぐり、訓練の騒音や工事に関する環境影響評価(アセスメント)の手続きを始めた。先月の市長選で計画反対を訴えた現職が勝利したが、菅政権は計画を進める意向だ。

 アセスは環境影響評価法に基づくもので同市などに意見を聞いたうえで、同省が環境への影響や保全策を検討する。これまでの同省による地元説明では、期間は「2年程度」。アセス終了後に早期着工を目指しており、工期は約4年としているが、着工や訓練開始の時期は示していない。

 計画は菅義偉首相官房長官時代に「肝いり案件」として進められてきた。

 もともと民主党政権時の20…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら