長崎市で積雪4センチ 県内で交通機関の乱れも

米田悠一郎
[PR]

 強い寒気の影響で、長崎県内では17日夜~18日、断続的に雪が降った。長崎地方気象台によると、長崎市で最大4センチの積雪を観測。最低気温も同市でマイナス0・7度、対馬市で同3・3度(18日夕時点)を記録した。

 県警によると、雪による事故は18日正午までに152件あったが、重傷者はいなかった。

 西日本高速道路によると、長崎道西九州道は一部区間で18日午前から通行止めが続いた。この影響で、長崎市長崎空港大村市)を結ぶ高速バスなど、一部バスで運休。JR九州は、長崎線佐世保線の一部で遅れや運休が出た。

 気象台によると、19日以降は天気が回復し、寒さも和らぐ見込みだという。(米田悠一郎)