40人乗った水中翼船、電源喪失し漂流 9時間後に到着

【動画】動けなくなり、救助されるジェットフォイル=第9管区海上保安本部提供
[PR]

 新潟港(新潟市)から両津港(新潟県佐渡市)に向かっていた佐渡汽船のジェットフォイル(JF、高速水中翼船)が18日夕、佐渡島沖で動けなくなり、一時漂流するトラブルがあった。乗っていた計40人にけがはなかった。船は新潟海上保安部巡視船に引航され、約9時間後の19日午前2時すぎに佐渡に着いた。

 第9管区海上保安本部によると、18日午後5時20分ごろ、JFが電源を喪失し、佐渡島の東の海上で動けなくなったと、佐渡汽船から新潟海保に通報があった。乗客は36人、乗員は4人。午後4時20分に新潟を出港し、同5時27分両津着の予定だった。

 停止したのは、佐渡島の姫埼灯台から東に10キロ沖。近くを運航中だった佐渡汽船のカーフェリー(31人乗船)による引航を試みたが、ロープが切れて失敗。このため、新潟海保の巡視船が午後9時半ごろに引航を開始し、19日午前0時15分ごろに両津港沖で巡視艇に切り替え、同2時11分に同港に到着した。

 新潟地方気象台によると、トラブルがあった当時、現場海域には海上強風警報が出ていた。波の高さは4メートルと予報していた。

 佐渡汽船によると、運航中に漂流物とみられるものを吸い込み、電気系統に不具合が生じて航行不能になったという。同社は着岸直後から潜水士らによる船体の点検を始めた。海保も今後、原因などを調べる。

 トラブル発生後、船室内も停電となり、暖房が動かず、水洗トイレも使えない状態だった。乗客らは引航される間、毛布にくるまるなどして寒さをしのいだという。けが人はいなかったが、船酔いする人が多数いたという。

 佐渡汽船は「ご利用のお客様及び関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」と文書で謝罪した。同社のJFでは、今回とは別の船が2019年3月、佐渡沖でクジラとみられる物体に衝突する事故があり、国の運輸安全委員会によると乗客ら109人が重軽傷を負った。