ゆらり絶景 巡礼地にスリル 雲まで届け天空のブランコ

有料会員記事

文・石川友恵、写真・西岡臣

拡大する写真・図版「天空のブランコ」からは観音寺市内を一望できる=2021年2月7日午前10時24分、香川県観音寺市、西岡臣撮影

[PR]

 香川、徳島県境の山の頂にある雲辺寺(うんぺんじ)では五百羅漢像(ごひゃくらかんぞう)がお遍路さんを出迎える。山はいまスマホを手にした若者らでにぎわう。

 心地よい日差しと風を感じながら、思いっきり木のブランコをこいでみた。標高約920メートル。眼下には、穏やかな讃岐の田園風景と島々が浮かぶ瀬戸内海が広がる。空も近く、まるで雲まで手が届きそうに感じた。

拡大する写真・図版家族連れやカップルが絶景をバックに撮影を楽しんでいた=2021年2月7日午後1時21分、香川県観音寺市

 香川県観音寺市徳島県三好市にまたがる雲辺寺(うんぺんじ)山(927メートル)。山頂付近の徳島側の木立に囲まれた雲辺寺は四国遍路の66番札所だ。八十八カ所霊場で最も標高が高い屈指の難所で、「遍路ころがし」ともいわれる。

 ただ、1987年開業のロープウェーで香川側の山麓(さんろく)駅から山頂駅まで7分ほどで一気に上がることもできる。

拡大する写真・図版雲辺寺境内に置かれた五百羅漢像=2021年2月7日午前9時28分、徳島県三好市、西岡臣撮影

 長年お遍路さんに親しまれる山はいま、インスタ映えの写真を撮りに訪れる若者や家族連れが後を絶たない。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 雲辺寺山頂公園にブランコが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら