第5回ドラクエに命救われた僕 ゲーム依存「ダメ絶対」はダメ

有料会員記事

西村悠輔
[PR]

 子どものゲーム依存を防ごうと、かつてゲーム会社にいた人や、いま業界にいる人も動き出している。

拡大する写真・図版ゲーム スマホ 依存の果て⑤デザイン・岩見梨絵

【取材の発端は記者サロン「子どもとオンライン」の声から】 eスポーツ選手など長時間ゲームに没頭しながら、依存症になる人とならない人の差は(大阪府・60代男性)/ゲーム会社の責任はどうなのか(山形県・40代男性)

 鹿児島市の依存症専門病院に勤める精神保健福祉士増田貴久さん(44)は「ゲームを悪者にしない」予防教育に取り組む。元ゲーム会社員で不登校経験者という異色の経歴をもつ。

 昨年11月下旬、鹿児島県薩摩川内市の公立小学校。増田さんは保護者や教員の前で自身の体験を語った。

 「自殺しようとした中1のとき、ドラクエ3に命を救われた。僕にとってゲームは命綱でした」

拡大する写真・図版増田さんは講演で、ネット・ゲーム依存は「ダメ絶対」では解決しないと伝えている(昨年11月20日、薩摩川内市立隈之城小学校提供)

引きこもり、ゲームに没頭した過去

 大学卒業後、ゲーム会社大手のナムコ(当時)に10年勤務し、ゲームセンターの店長を経験した。脱サラ後に転職し、医療者になった。3年前から学校などで講演会を始めた。

 講演では、薬物依存症でよく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら