立憲、離党しない橋本氏批判 「自民のための五輪なら」

有料会員記事

小泉浩樹
[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子・新会長が、自民党の参院議員のまま会長に就任すると表明したことを受けて、立憲民主党安住淳国会対策委員長は19日昼、党の会合で「(政治的中立をうたう)IOCのオリンピック憲章に違反する」と厳しく批判した。

 橋本氏は19日午前、自民党本部で、自民党を離党せず国会議員を続ける意向を示した。北海道連の会長も続けるという。

 安住氏は「我が耳を疑った。(北海道では衆院2区の)補選もある。総選挙もある。オリンピックの会長として、候補者と並ぶポスターを貼ったらオリンピックの政治利用になるんじゃないか」と指摘。その上で、「自民党自民党による自民党のためのオリンピックにしようとするなら、この人事には徹底的に異議を申し立てる」と述べた。

 安住氏はこの日、就任あいさつに来た橋本氏に対し、離党すべきだと直接伝えた。橋本氏は「考えます」と答えたという。

 また、安住氏は国会議員を続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら