RIZAP「シニアにこそ」 瀬戸社長、客の5割めざす

有料会員記事

中島嘉克
[PR]

 トレーニングジム大手のRIZAP(ライザップ)が、60歳以上の取り込みを強化している。この世代を狙った「シニアプログラム」とは、どんなものなのか。今月上旬、東京都中央区にあるライザップ銀座店をのぞいてみた。

 「残り10秒。いいですよー。3、2、1。はい、いいです」

 トレーナーのかけ声にあわせ、75歳の女性が、四つんばいから手と足を上げる体幹トレーニングに励んでいた。岡本和子さんは昨秋から、週2回のペースで通い、この日が30回目だ。

 トレーニングは1回50分。ウォーミングアップをした後、スクワットや腹筋を鍛える筋トレなどをした。トレーナーによると、筋肉痛にならないぐらいの強度が大事。トレーニングも食事指導も、それぞれにあった内容にしている。

 狙いは、短期間でのダイエットではなく、体力や筋力をつけて健康寿命を延ばすことだ。

 岡本さんは、コロナ禍で外出…

この記事は有料会員記事です。残り505文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら