[PR]

 仙台空港(宮城県名取市)の1階ロビーに19日、所々に傷を負った1台のグランドピアノが置かれた。東日本大震災で津波をかぶり、がれきの中からよみがえった「復興空港ピアノ」だ。震災のことを思い出すきっかけにしてほしいと、誰でも自由に弾くことができる。3月12日まで。

 持ち主は塩釜市のピアノ講師桜井由美さん(56)。震災当時、ピアノは七ケ浜町の実家2階で被災した。傷だらけになって外に置かれていたのを、復興支援に訪れたシンガー・ソングライターが目に留め、縁がつながって専門家が修復。故・西城秀樹さんの曲「傷だらけのローラ」から愛称「ローラ」と呼ばれ、同町内で保管されてきた。

 今回、仙台国際空港会社が震災10年のメモリアル行事の一環で、ストリートピアノとして借り受けた。ここもまた津波に襲われた国内唯一の空港だ。19日のお披露目では、岡崎克彦・航空営業部長が「10年がたった今、コロナ禍という目に見えない静かな津波によって利用客が大幅に減っている。冬の終わりと春到来を祈りながら、多くの方に弾いていただきたい」とあいさつ。桜井さんは「ここからローラの第2のステージが始まる」と話した。(石橋英昭