[PR]

 最新のJポップをはじめ、次々と楽曲が加わる通信カラオケ。通信網を使って配信する今や当たり前の手法ですが、30年前に業界に先駆けて開発した企業が名古屋市にあります。「JOYSOUND」のブランドで知られるエクシングです。取材を進めると、1990年代のカラオケブームを牽引(けんいん)したことに関係があるのか、「カラオケの背景映像には名古屋が多いという都市伝説があるのかもしれません」と言うのです。その真相とは。

 業界初となる業務用通信カラオケの「JOYSOUND」の初号機が発売されたのはバブル経済がはじけた後の1992(平成4)年。同年に設立されたエクシングは、工業用ミシンなどを手がけるブラザー工業の子会社で、実はうまくいかなかったコンピューターソフトのオンライン自動販売機「TAKERU(タケル)」の技術を転用しようと挑んだのがカラオケ業界でした。

 当時のカラオケ機器の主流といえば、直径30センチのレーザーディスク(LD)方式で、機器がLDを読み取って楽曲や映像を流していました。そこに、エクシングが業界のいわば「ゲームチェンジャー」として新規参入しました。

 LDは新曲が出てから音や映像を収録し、実際に供給するまでにどうしても月単位で時間がかかってしまいます。一方で、通信カラオケは回線を使って配信するため、LDの弱点を埋めることができる手法でした。

業界のゲームチェンジャー、参入時はピンチ

 もっともJOYSOUNDは最初、当時主力だったスナックやバーなどのナイト市場向けを狙いましたが、鳴かず飛ばずで苦戦したそうです。LDで定番だった約3千曲を用意したものの、レコード会社が権利を持っている石原裕次郎さんや美空ひばりさんなどの曲の許諾が出なかったことも響きました。

 この3千曲の作成に資本金8億円の半分を使うなど、手元には残り3億円。参入していきなり危機に陥るなか、ナイト市場からの撤退を早々に決断し、狙いを若者に変更。普通ならカラオケにないようなアルバム曲を含めて若者が歌いたい楽曲を突貫工事で約2千曲作り、カラオケボックスに置いたところ大ヒット。生産が追いつかない状況になったといいます。

 ちょうどカラオケボックスの市場が拡大するタイミングで、時代の追い風もありました。90年代はTRFをはじめとした「小室ファミリー」やB’zなどの全盛期で、大物アーティストたちによるCDのミリオンセラーが続々と生まれた時期。カラオケブームの94年に入社した制作部の金子暢大部長(50)は「若い人たちが歌いたい曲が増えていっているブームのタイミング。(通信カラオケで配信する)コンピューターミュージックを次々と提供でき、若者にとっても音の違和感がなく、相乗効果となったのでは」と振り返ります。

 通信カラオケのメリットを楽曲配信で発揮する一方で、通信網が今ほど充実しておらず、データ量が多い背景映像は音楽データと連動しながら、別の機器から流す方式が採られていたといいます。

 カラオケは歌うことがメインのため、意識が集中しないよう背景映像は、目立つ建物や観光スポットなどを入れず、映像もあまり動かないというのが鉄則。女性が登場するシーンでは、流行に左右されない化粧を施すなど、汎用(はんよう)的に使える映像を撮りためて使っているといいます。印象に残らない背景映像こそが、カラオケ向きの映像というわけです。

 例外は、ご当地ソングです。石原裕次郎さんの「白い街」(67年)のように、名古屋が舞台の曲は、歌詞にあうような街並みを撮影します。

地元で撮影、エキストラで社員参加

 もっとも、通信カラオケに参入した当時、会社は誕生したばかりで、資金も潤沢にあったわけではありませんでした。そこで、ご当地ソング用ではなくても、地元名古屋で自前で撮影する機会が多く、名古屋の制作会社への依頼も多くなったそうです。小料理屋での撮影に、エキストラで社員が参加したという話も社内で伝わっています。

 撮影が増えれば、必然的に背景映像も名古屋が増えるのか。そんな記者の疑問に対して、当時の資料や映像が乏しいものの、エクシング経営戦略部広報担当部長の渡辺美宏さん(59)は「ちょうど90年代前半は通信カラオケが爆発的にヒットした時期です。見る人が見れば、名古屋の街並みと気づき、当時の映像のイメージが残っている結果、カラオケの映像に名古屋が多いという、都市伝説があるのかもしれません」と推測しています。

 その後は、映像を収録する機器の大容量化や通信網の整備が進みました。渡辺さんは「2000年代以降は、映像もかなりのバリエーションとなり、名古屋のものが多いというのは考えにくい」ともいいます。

新しいカラオケ様式提案も

 通信カラオケの誕生から約30年。JOYSOUNDが提供する楽曲は30万曲超まで成長し、業界トップを走ります。歌うだけでなくライブの配信など、取り扱う映像も進化を続けています。新型コロナウイルスの感染拡大は逆境ですが、マスクを付けても歌声がこもらない補正機能を開発するなど、新しいカラオケ様式を提案し、工夫を続けています。

 エクシングは、未知を表す「X」と挑戦をし続ける「ING」の造語に由来するそうです。金子さんは言います。「新しい技術にキャッチアップしながら、お客様から『いいね』と言ってもらえるような、未知への挑戦を続けていきたいです」(近藤郷平)