[PR]

国内外の被災地や貧困地域で子どもの支援を続けるNPO法人「国境なき子どもたち」(KnK)。創設者のドミニク・レギュイエさんが3・11を通じて、感じ、考えたこととは。

 《ドミニクさんは東京都新宿区の自宅で、あの揺れを体験した》

 その夜、自宅の隣にあるKnKの事務所から、職員が子どもを預けていた保育園までバイクで一緒に向かった。通りかかった新宿付近で見た光景が忘れられない。自宅へと歩いて帰ろうと、何万という人が通りを埋め尽くしていた。

【特集】東日本大震災を語る
被災地の復興や支援、福島第1原発事故への対応など、様々な分野で思いを寄せる人たちにインタビューしました。

 交通機関の多くが止まり、フランスや他の国だったら、大混乱になっていた状況だ。だが東京は違った。大勢の人が冷静に、黙々と歩いていた。物音も話し声もなく、あったのは重たい沈黙だけ。強く心を揺さぶられる光景だった。

 《普段は、計画的に動こうとす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら