西村氏、島根知事に「腕の見せどころ」 支援策めぐり

山本知弘、中田絢子
[PR]

 東京五輪聖火リレー中止の検討を表明とともに政府の新型コロナウイルス感染症をめぐる支援策を批判した島根県の丸山達也知事に対し、西村康稔経済再生相が19日の記者会見で反論した。「政府は自由度の高い交付金も配っている」と指摘したうえで、「それこそ知事の腕の見せどころだ」と独自の支援策に知恵を絞るよう逆提案した。

 丸山知事は17日の会見で聖火リレーの中止検討を表明した際、「大都市では国費の措置を受けて休業の協力金があるが、島根などの店には政府の支援がなく厳しい。不公平な状況だ」などと主張していた。

 西村氏は会見で、政府から自治体向けに配分している臨時交付金を紹介。首長たちが地域の感染状況や経済への影響に応じて支援を行うべきだ、との認識を示した。

 西村氏は「観光産業が影響を受けているなら、県内で使えるクーポンなども可能」などとアイデアを例示したうえで、「それこそ、ここは知事の、あるいは市町村長の腕の見せどころ」と語った。(山本知弘、中田絢子