ウーバー運転手は「従業員」 英最高裁が権利認める判決

有料会員記事

ロンドン=和気真也
[PR]

 配車サービス大手、米ウーバー・テクノロジーズのロンドンの運転手らが、ウーバーに対して「従業員」の権利を認めるよう求めた訴訟で、英最高裁は19日、運転手側の主張を認める判決を出した。ウーバー側は英国の雇用法制に従い、運転手への最低賃金の保証や有給休暇を付与する必要が出てくる可能性がある。仕事をネットで請け負う「ギグ・エコノミー」のあり方に一石を投じる判決だ。

 英最高裁によると、ロンドンの運転手2人による訴えは、2016年ごろに雇用審判所に持ち込まれた。ウーバー側は、契約は乗客と運転手の間で交わされ、自分たちは運転手の代わりに料金徴収を行って、運転手からはサービス利用の手数料をもらっていたに過ぎないと反論した。

 しかし、雇用審判所やそれに続く英控訴院などは3度にわたり運転手側の主張を認めた。ウーバー側が最高裁に上告していた。

 最高裁は、料金設定はウーバーが行い運転手側に決定権がないことや、サービス規定も運転手側は口出しできない点などに注目。判決は「運転手が提供するサービスは、ウーバーにより厳しく管理されている」としたうえで、「運転手は専門性や個人事業主としての能力を発揮して経済的地位を上げられるほど、ウーバーから独立した立場にない」と判断した。

 また、客を乗せている時間だけでなく、アプリを起動して待機中も「仕事中」とみなすべきだとの下級審の見解も支持。判事7人の全会一致で運転手側の主張を認めた。

 運転手側の代理人弁護士は判…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら