[PR]

 長野県軽井沢町教委は19日、町立小学校の男性講師(42)が昨年11月に男児に体罰をして重傷を負わせたと発表した。男児は硬膜外血腫と頭蓋骨(ずがいこつ)骨折で緊急手術を受け、現在も通院治療をしているという。県教委が講師の処分を検討している。

 町教委によると、講師は昨年11月13日の昼休み中、校庭で別の児童とサッカーの練習をしていたところ、男児が邪魔をして児童にボールをぶつけた。男児が謝罪しなかったため、玄関へ連れて行き足をかけて転倒させ、胸元付近を踏みつけた。その際、男児は鉄製の側溝のふたで頭部を強打したという。その後、男児は嘔吐(おうと)して救急搬送され、10日間ほど入院した。12月からは登校しているという。

 講師は「謝罪させようとし、カッとなって怒りを抑えることができなかった。申し訳ないことをした」と話しているという。