実戦初登板のマー君 一発浴びるも「上出来」と語る理由

有料会員記事

拡大する写真・図版日本球界復帰後、実戦初登板のマウンドに上がった楽天の田中将

[PR]

 (日本ハム6―3楽天)

 日本球界に復帰後、初の実戦登板となった楽天の田中将大は2回を投げて3失点を喫した。それでも「すごくいい段階を踏めている」。納得の表情を見せたのには理由がある。

 一回。先頭の松本剛から外角へのスライダーで見逃し三振を奪った。だが、中島卓也、西川遥輝に甘い直球を連打される。打席に中田翔。決め球のスライダーが捕手の構えた位置より中に入った。「あまり制球できていなかった」。昨季の打点王に左翼席へと運ばれた。

 ブルペンで打者を立たせて投げるなど、実戦を想定した調整を続けてきた。一方で「試合では試合のエネルギーの使い方があるので、ブルペンとは変わってくる」。実戦ならではの力の入れ具合、走者を置いた投球。それを肌で感じたかったという。「きょう出た反省点や、感じたことを生かして調整できたら」。結果にはこだわっていなかった。

 石井一久監督は「彼に任せて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。