北海道の管楽器・アンサンブルコン 今年は動画で審査

[PR]

 第57回北海道管楽器個人コンテストと第52回北海道アンサンブルコンテスト(道吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が20日、札幌市カナモトホールで始まった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、事前に提出した動画による審査となった。アンサンブル中学校の部は遠軽町立南と釧路町立富原、大学の部は道教大函館が道代表に選ばれた。3月20日に宮崎市で開かれる全日本アンサンブルコンテストに出場する。20日の金賞は以下の通り(◎印は道代表)。

 ◇個人【中学校】只野佑奈(旭川緑が丘)、工藤春花(札幌北栄)、朝日空(芽室)、黒川芽実(木古内)、河合美詩(深川)【大学職場一般】根子七海(上磯吹奏楽団)

 ◇アンサンブル【中学校】北見光西(打楽器五重奏)、深川(木管八重奏)、◎遠軽南(金管八重奏)、北斗上磯(金管八重奏)、東神楽(木管八重奏)、札幌清田(木管八重奏)、札幌啓明(管打八重奏)、苫小牧明倫(クラリネット四重奏)、◎釧路富原(クラリネット四重奏)、北斗大野(サクソフォン四重奏)【大学】◎道教大函館(サクソフォン四重奏)