池江、復帰後初のバタフライで3位「不思議な気持ち」

有料会員記事

照屋健
[PR]

 競泳女子の池江璃花子ルネサンス)が20日、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都オープンの女子100メートルバタフライに出場し、59秒44で3位だった。実戦でバタフライを泳ぐのは、白血病からの復帰後初めてだった。

 「今まで感じたことがないような、不思議な気持ちだった」

 レースを終えた池江は、率直に言った。

 会場の電光掲示板に示されていた日本記録は、自身がマークした56秒08。ただ、それを見て、「あれが自分のタイムかと思うと考えられない。あんなタイムで泳いでいたのか、と不思議な気持ちになりました」という。

 50メートルのターンでは3位。終盤は追い上げたが、隣のレーンを泳ぐ高校生に0秒09差で競り負け、3位に終わった。「すごい悔しかったです。ラスト15メートルで、自分の体が動かず、これはやばいな、と」

 池江はこれまで、体力的な負担を考慮して50メートル、100メートルの自由形のみに出場してきたが、5度目の実戦で初めてバタフライに挑戦した。20日の午前中にあった予選は1分0秒06で2位通過。4月にある日本選手権兼五輪代表選考会の参加標準記録の1分0秒29も上回った。

 5種目で日本記録を持つ池江…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら