謎の類人猿、ヒバゴンを追え 騒動50周年に動画ツアー

有料会員記事

東谷晃平
[PR]

 広島県庄原市の西城町観光協会が、1970年代に町内を中心に目撃が相次いだ謎の類人猿「ヒバゴン」の目撃地点を巡るオンラインツアーの動画を作った。当時の「騒動」を知る人がそれぞれの地点でエピソードを紹介する内容で、ユーチューブ(https://youtu.be/EvVhchwyp-k別ウインドウで開きます)で公開している。

 「全身毛だらけで、身長160センチくらいだったと……」。町内の山道で恵木(えぎ)剋行さん(77)がビデオカメラに語る。合併前の旧西城町で「類人猿相談係」を務めた恵木さんは当時、町に押しかけたマスコミの対応にも当たった。ヒバゴンを目撃した人(故人)について「私もよく存じていて、うそをつくような人ではありません」と明言する。

 動画のタイトルは「ヒバゴン50周年記念オンラインツアー」。ヒバゴンが初めて目撃されてから昨年7月で半世紀となった。これを機に観光協会が制作を始め、今年2月に完成した。恵木さんが案内人を務め、3カ所の目撃地点を巡る。ヒバゴンの「足形」を保管する庄原署も訪ね、当時を追体験してもらおうという内容だ。

 このほか、古事記に登場する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。