新型コロナ相談会 25日、宮崎県弁護士会が開催

新型コロナウイルス

二宮俊彦
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で収入が減りローン返済ができなくなった個人と個人事業主を対象とした「コロナ版ローン減免制度」について知ってもらおうと、宮崎県弁護士会が25日、無料の電話相談会を開く。

 制度は、東日本大震災など自然災害によって被災し、債務返済が困難になった人の債務整理に関するガイドラインを新型コロナに適用したもの。感染拡大で失業したり、収入が減ったりした場合に減免を受けられる。金融機関のブラックリストにも登録されない。住宅を手放さず、住宅ローン以外のローンだけ減免する方法もある。

 相談会は、日本弁護士連合会と各県弁護士会の主催。ローンの減免制度以外にもコロナに伴う差別や離婚、DVなどの相談にも応じる。25日は午前10時~午後7時、専用ダイヤル(0120・254・994)で弁護士が対応する。

 これとは別に宮崎県弁護士会ではコロナ関連で、事前に相談の申し込みを受け付け、数日内に弁護士が折り返し電話で相談に応じる無料の法律相談も実施している。昨年7月以降、結婚式のキャンセル料などの相談が寄せられたという。平日午前9時~午後5時(0985・22・2466)。3月31日まで。(二宮俊彦)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]