[PR]

(20日、全豪テニス決勝)

 この1年で積み上げてきた成果を大舞台で示した。

 第1セットは競り合う展開だったが、大坂なおみの表情は崩れない。ラリーで優位に立ち、ポイントを奪っていく。力強いショットに、軽やかな動き。ミスが少ないから、自然と相手に圧力をかけられる。アンフォーストエラー(自らに原因があるミス)は、相手よりも7少ない24だった。

 1時間17分の完勝。「パンデミックのなか、テニスが出来て幸せ。今は穏やかな気持ち」と喜んだ。

 1年前はどん底だった。

 2019年全豪で初優勝し、世界ランキング1位に初めて立った。大坂はそのときの心境を、今大会中に明かした。「自分の立場を固め、他の選手からも尊敬される必要がある。そんなことを一年中考えていた」

 環境を変えられず、2連覇がかかった20年1月の全豪は3回戦で敗退した。劣勢を強いられた2月の女子テニス国別対抗戦の試合中には自分の感情をコントロールできず、涙した。

尽きない向上心

 胸の内はこうだ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら