島根知事、25日上京へ 「注意」発言の竹下氏とも面会

浪間新太
[PR]

 島根県内の東京五輪聖火リレー中止の検討を表明した丸山達也知事が、25日に上京し、政府の担当者や地元選出の国会議員に直接、都の感染対策強化や地方への経済支援を要望する予定であることが、関係者への取材で分かった。

 丸山知事は、島根2区選出の竹下亘衆院議員とも面会し、表明の意図を伝えるとともに、新型コロナウイルスによる県内の飲食店の窮状なども説明する方針だという。

 丸山知事は、都や政府がコロナ対策を適切に行っていないとして、県内の聖火リレー中止の検討を表明しており、これに対して竹下氏が「知事を呼んで注意をしっかりしなくてはいけないなと思う」と発言していた。(浪間新太)