大坂なおみ「コンスタントに勝利を」 優勝から一夜明け

有料会員記事

メルボルン=小暮哲夫
[PR]

 テニスの全豪オープンの女子シングルスを制した大坂なおみ選手が、優勝から一夜明けた21日、報道陣の取材に応じた。「今年の最大の目標は1年を通じてコンスタントに勝つこと」と抱負を述べ、東京五輪については「私にとって最初の五輪が東京で開催されることは夢」と、開催への期待を示した。

 大坂選手は「自分の好きな色」というオレンジや黒を基調にした鮮やかな服でメルボルン市内の公園に現れた。20日は試合後、深夜までテレビのインタビューや記者会見が続き、「2時間ほどしか眠れなかった。今日は少しお祝いをして、メルボルンの街も歩きたい」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルスの影響で、今大会は選手の入国後の隔離や観客数の制限などの対策がとられた。大坂選手は「開催できたことを本当に奇跡のように感じる」と話し、昨年9月に優勝した全米オープンが無観客だったのと比べ「(観客が入った)昨日は、確かに私の記憶に刻まれるものになった」と振り返った。

 やはり新型コロナの影響を受…

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。