自民・牧島氏「発言権ない出席求めず」 二階氏の提案に

有料会員記事

野平悠一
[PR]

 自民党青年局長の牧島かれん衆院議員は21日、党の幹部会議に女性議員をオブザーバー参加させると二階俊博幹事長が提案したことについて、「発言権のないオブザーバー出席は求めていない」と指摘した。二階氏の提案には党内外から批判が出ており、牧島氏は「(女性のオブザーバー参加は)なくなるという風に聞いている」と明らかにした。

 「選択的夫婦別姓」の導入をテーマに開かれた朝日新聞のオンライン記者サロン「#いつになったら選べますか 夫婦別姓」に出演し、語った。

 オブザーバー参加をめぐっては、16日の党役員連絡会で二階氏が提案。党幹部らによると発言権はなく、あくまで「見学」にとどまる見通しとされたため、女性議員から批判の声があがり、ネット上でも批判が広がった。

 牧島氏は二階氏の提案につい…

この記事は有料会員記事です。残り188文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]