鳥インフルH5N8亜型、ヒトへの感染を初確認 ロシア

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 ロシアの衛生管理当局は20日、感染力の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)について、鳥からヒトへの感染を世界で初めて国内で確認したと発表した。ヒトからヒトへの感染例は確認されていないという。

 ロシア消費者権利・福祉監督庁によると、感染が確認されたのは昨年12月に鳥インフルエンザが検出されたロシア南部の養鶏場の職員7人。症状は軽くすでに全員回復しており、感染の拡大は防げているという。同庁は世界保健機関(WHO)にも報告した。

 同庁のポポワ長官は「(この亜型は)鳥からヒトへの感染能力は獲得したが、現時点ではヒトからヒトには感染しない」との見方をしめした。

 H5N8亜型は、日本でも各地の養鶏場や野鳥などから確認されている。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの喜田宏・特別招聘(しょうへい)教授は「今回のヒトへの感染は偶発的な例とみられ、基本的には大きな心配はない。ただ、感染の広がりなど、今後の経過は冷静に見ていく必要がある」と話す。(モスクワ=石橋亮介)