非接触型、スマホで湯めぐり 米沢・小野川温泉

石井力
[PR]

 【山形】コロナ禍により各地の観光業界が苦しむ中、米沢市の小野川温泉でスマホを使って「非接触型」でできる温泉巡りを始めた。温泉主らでつくる小野川温泉観光知実行委員会は「新型コロナウイルスに対応した新たなアイデア。ぜひ来て欲しい」とPRしている。

 湯巡りはこれまで、コマの形をした専用の「手形」を使っていたが、現在は「スマホで湯めぐり」と題してスマホでQRコードを読み込み、利用できる仕組みに変えた。同温泉にある13の宿、いずれかで手続きし、三つの宿の日帰り温泉を利用できる。入浴可能時間などもスマホで分かるようにするという。宿泊客限定のサービスで、1200円(税込み)。

 また、市内の地ビールメーカーとタイアップし、同温泉地内にある甲子(きのえね)大黒天本山で祈禱(きとう)したビール「甲子大黒天エール」も販売している。売り上げの一部を同実行委が実施するまちづくり活動にあて、観光客を歓迎するのに役立てるという。(石井力)