面会、熱心にメモとる雅子さま 天皇陛下はポケットから

有料会員記事天皇陛下と雅子さまの歩み

杉浦達朗

 「子どもたちの未来が明るくなるといいですね」

 昨年7月、東京・元赤坂の赤坂御所。貧困家庭の子どもの支援に取り組む3団体の代表らに、天皇陛下はそう声を掛けた。傍らの皇后雅子さまもメモをとり、コロナ禍での支援について積極的にたずねたという。

 参加者の一人、NPO法人キッズドアの渡辺由美子理事長は「未来を担う子どもたちを応援する両陛下の強いお気持ちを感じました」という。側近も「子どもの未来については特にご関心が高く、熱心なご様子だった」と明かした。

 両陛下は昨年4月、貧困対策…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。