海南市が大会新で優勝 県市町村対抗ジュニア駅伝

滝沢貴大
[PR]

 【和歌山】第20回県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会(県など主催)が21日、和歌山市内の10区間計21・1キロのコースで開かれた。25市町から33チーム(オープン参加を含む)が参加し、海南市が大会新記録の1時間7分27秒で2年ぶり9回目の優勝を果たした。

 午前11時、紀三井寺公園陸上競技場で号砲とともに一斉にスタート。各市町から選抜された小学5、6年生と中学生の男女10人が、ゴールの県庁までたすきをつないだ。新型コロナウイルス感染防止のため、今年は開始式を取りやめ、各市町村を通じて沿道での応援自粛も求めた。

 海南市は2区でトップに躍り出て、そのまま2位の和歌山市に59秒差をつけてゴールした。アンカーの若林良樹君(中3)は「チームメートがよくやってくれた。優勝できると確信して自分のペースで走ることができた」と振り返った。(滝沢貴大)