絶景に恋して車中泊で撮影旅行 高岡で星野さん作品展

竹田和博
[PR]

 【富山】日本を代表する風景写真家、星野佑佳(ゆか)さんの作品展「絶景恋愛」が、ミュゼふくおかカメラ館(富山県高岡市福岡町福岡新)で開かれている。全国各地で捉えた「絶景」、昼間と全く違う顔を見せる「夜絶景」、そして地元京都の作品を加えた計109点にプロの技が凝縮されている。

 会社員時代に趣味で写真を始めて20年。日常にない「瞬間的な絶景」を求め、1年の半分以上は車中泊で全国を回る。なかでも「夜は予想しない感じに撮れて面白い」といい、星空の下にたたずむ称名滝能登半島で捉えた満天の天の川、街明かりで色づく雲海に浮かぶ越前大野城福井県大野市)など、夜の北陸が見せた絶景も並んでいる。

 星野さんは「撮りたいところにひたすら向かい、難しいことは考えずに感動のままに撮ったものばかり。その感動に触れてもらえれば」と話している。

 5月9日までの午前9時~午後5時。月曜休館。一般800円、高校・大学生400円、中学生以下無料。問い合わせは同館(0766・64・0550)。(竹田和博)