ヤクルトのドラ1位新人木沢尚文 上々の実戦デビュー

[PR]

 (ヤクルト5―2楽天) 先発ローテーション入りを期待されているヤクルトスワローズドラフト1位新人・木沢尚文(慶大)が、上々の実戦デビューを果たした。

 「うぉりゃ」「よいしょっ」。気合のこもった声を響かせながら、右腕を振った。三回1死一、二塁では、楽天・鈴木大地をスプリットで一塁ライナー併殺に。カットボール、カーブも試しながら2回を無失点。最速は151キロを記録した。「まずは打者に自分のボールを投げられてよかった」

 東京六大学野球でしのぎを削り、楽天にドラフト1位入団した早川隆久(早大)は前日に2回無失点だった。「テレビで見ました。すごいっすね。僕はのんびりやりますよ」。気負いはなさそうだ。=浦添