[PR]

 【静岡】リニア中央新幹線の静岡工区の着工をめぐり、大井川の流域10市町の首長と国土交通省幹部の意見交換会が21日、島田市で開かれ、水資源などを議論する同省の有識者会議について話し合った。その結果、10市町が近く、共同で「地域住民の理解・協力が得られるまで着工しないで欲しい」とする要望書をJR東海に提出することになった。

 意見交換会は昨年12月に次ぎ、2度目。会議は冒頭を除いて非公開で約2時間にわたって行われた。

 会議後、国交省側と首長らがそれぞれ会見に応じた。上原淳鉄道局長は有識者会議の議論について「流域市町からは納得とはいかずとも、ご理解いただけた」という認識を示した。

 一方、有識者会議後の座長コメントのあり方も議論になったほか、首長側は、住民の理解がなければ着工しないという確認を改めて求めた。この点について「国交省の対応は十分ではない」という首長の意見が相次いだという。

 意見交換会が非公開の上、議事録も残さない。この理由について、国交省、首長とも「結論を求める会議ではなく、コミュニケーションを取ることが目的だから」としている。(阿久沢悦子)

関連ニュース