コロナで外出減る→筋肉減る「サルコペニア」に要注意

有料会員記事

杉浦奈実
[PR]

 新型コロナウイルス感染症の流行で不要不急の外出は控えるよう呼びかけられている。感染しないことは大切だが、体を動かさないことで起こる問題もある。専門家は、特に高齢者で全身の筋肉が弱る「サルコペニア」になるリスクが上がっていると警鐘を鳴らす。

認知機能低下との関連も

 「外出自粛で活動量が減り、実際に多くの人で体力が衰えているのを感じる」。関西医科大学付属病院でサルコペニア外来を担当する木村穣・健康科学科教授は表情を曇らせる。普段より体を動かさなくなると、1カ月でも筋肉量やできる運動に影響が出ることがある。コロナの流行はもう1年以上続いており、リスクが上がっているという。

 サルコペニアは、ギリシャ語で筋肉の「サルコ」と、喪失の「ペニア」を組み合わせた造語だ。加齢や病気で全身の筋肉量が減り、筋力や体の機能が落ちることを指す。

 サルコペニアになると、転んだり、骨折したりする危険性が高くなり、心身の活力が低下する「フレイル(虚弱)」や、介護が必要な状態につながりやすい。それだけでなく、心血管の病気やがんなどの病気になったとき、サルコペニアだと死亡リスクが高いことや、認知機能の低下との関連も指摘されている。

 サルコペニアの最大の要因は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。