菅VS菅対決 元首相が集中審議で現職に問うた危機管理

[PR]

 22日午前の衆院予算委員会の集中質疑で、立憲民主党菅直人元首相が質問に立ち、菅義偉首相との論戦を繰り広げた。

 菅直人氏は冒頭で「菅総理とのこういう場での質疑は初めて。表記が漢字でいうと同じだから、かつてはときおり混同もされたが、今では『すが総理』が総理として活躍しているのでそういうことも少なくなっている」と語った。

 その上で、菅直人氏は自身が首相だった10年前に東日本大震災に直面したことに言及。「福島第1原発の事故が起きたときに最初に頭に浮かんだのは日本沈没という本の状況だった」と振り返り、「コロナと原発は性格は違うが危機管理とか緊急事態という面でみると、共通の面もある。総理になって最悪の場合をどう想定して、どう対処するのか。総理の基本的な考え方を聞きたい」と尋ねた。

 菅首相は「一国の総理として、そのような事態も含め、様々なことを想定をして、対策を検討することは当然だと思う」と答弁。「この新型コロナとの闘いが始まって約1年。手探りの部分もあったが常に国民の皆さんの命と暮らしを守るという強い決意のもとに最前線で取り組んできた」と語った。

 ただ、菅直人氏は「Go To キャンペーンとかは経済対策であって、感染症そのものを抑制するという対策とはちょっと違うと思う」と疑問も呈した。

党首会談をやるつもりは」重ねて問うた元首相

 新型コロナウイルス対策には、野党の党首と対話し、意見を聞くことが必要ではないか――。菅直人元首相は、自身の経験を引いて菅義偉首相にただした。

 菅直人氏は、立憲の枝野幸男

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]