[PR]

 「猫の日」の2月22日、大和ハウス工業は猫用のユニットバス「ネコレット」を売り出したと発表した。

拡大する写真・図版大和ハウス工業が開発した「ネコレット」と発案者の「DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)」の中村正人さん。下部が猫用水洗トイレ、上部がシャンプー用シンク=同社提供

 ネコレットは下の部分が猫用の水洗トイレ、上の部分が猫のシャンプー用シンクになっている。水洗トイレは、市販の砂が入ったトイレをかぶせて使う。落ちた尿を水洗で流し、飼い主がペットシーツを交換する手間をなくせる。センサーで猫の動きを検知し、自動で流すこともできる。フンは従来通り、砂と一緒に処理する。シャンプー用シンクは猫を洗いやすいよう、深めに設計したという。

拡大する写真・図版猫用水洗トイレは市販の砂が入ったトイレをかぶせて利用。猫が出た後に尿を自動洗浄するため、ペットシートが不要になる=大和ハウス工業提供

 価格は税込み36万3千円。新築やリフォームなどを含め、年間500戸への導入をめざす。

 ネコレットの発案者は、人気バンド「DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)」の中村正人さん。猫3匹を飼っていて、すでに利用しているという。同日の発表会で「猫用トイレの環境を保つことが大変で発案した。これまでのトイレからの移行もスムーズで、猫たちにもストレスは見られなかった」と語った。

 コロナ禍で在宅時間が増えたことに伴い、ペットを飼い始める人が増えたとの推計もある。ペットフード協会が昨年12月に公表した調査では、昨年新たに飼われ始めた猫は前年比16%増の推計48万3千匹。比較可能なここ5年間でみると最も伸びが大きかった。(栗林史子)