「可能性は∞」関ジャニが歌で体現 安田章大さんの思い

有料会員記事

写真・図版

[PR]

関ジャニ∞コトバダマ

 関ジャニ∞が2月10日にリリースした「キミトミタイセカイ」は、メンバーの新たな一面がみえる挑戦的な新曲です。安田章大さんにこの曲への思い、そして関ジャニ∞がめざす形を聞きました。

    ◇

 関ジャニ∞の新曲「キミトミタイセカイ」では、メンバー全員が、今までに歌ったことのない音域や歌い方に挑戦しています。できる人がそれぞれにボーカルレッスンを積んできたことが、この曲につながりました。楽曲制作でも、大倉(忠義さん)が基本軸になって、みんなの意見を聞きつつ動いてくれた。どれも新しい形です。

 2021年はこの曲を皮切りに、去年できなかったライブに向けて、何が何でもアルバムを出すぞ!という決意で進んでいます。メンバーが5人になって初のアルバムなので、これまでとは歌声が変わります。全員が30代後半になり、楽曲や歌詞の世界観も変わってくるはずです。

 今、それぞれがボーカルとし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら