菅首相「大変申し訳ない」 長男の総務省幹部接待を謝罪

[PR]

 22日の衆院予算委員会の集中審議で、菅義偉首相は自身の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部が繰り返し接待を受けていた問題について、「私の長男が関係して、結果として公務員が倫理法に違反する行為をすることになった。このことについては心からおわびを申し上げ、大変申し訳なく思います」と謝罪した。

 立憲民主党奥野総一郎氏から「(総務省幹部は)菅さんが黙認しているんだから行っても大丈夫だろうという緩みにつながったんじゃないか。首相に原因があるんじゃないか」と問われ、「私は長男と会社の話は一切していませんでした。報告も受けておりませんでした」と断った上でおわびをした。

 首相は、奥野氏から「ご子息が絡んでいたということでのおわびでいいか」と確認され、あらためて「私の長男が関係して、結果として公務員の方が倫理法に違反する行為をすることになったことについて大変申し訳なくおわびを申し上げたい」とし、「総務省において事実関係を明らかにするために徹底して今調査を行われている。しっかりと包み隠すことなく事実関係を明らかにしてもらうことが大事だ」と述べた。